有機野菜とは何か

色々な食の安全が求められる時代となりました。
予定外の雑菌などが混入したり、異物が入っているとこぞってニュースに取り上げられるようになっています。
少しの誤解より風評被害を発生させてしまうケースもある中で、野菜も例外ではありません。
食の安全を疑問視する中で注目されているのが有機野菜です。

そもそも有機野菜というとイメージとして割高ながらも安全かつ安心して食べることができる野菜といえます。
そして日本ではJASという日本農林規格によって有機野菜について認証していく機関もあり、公的に有機野菜であることが認められています。
世界的に見てもGAPと呼ばれている認証制度もありますので、安全面では問題ないでしょう。
明確な基準も設定されており、化学肥料や農薬といった体に害がある薬品などを利用しないで生産していく方法となっています。
除草などにも手間をかけていきますので収穫量がある程度少なくなってしまいますが、味わいは普通の野菜よりも深みを持つことがあります。
それゆえに割高な値段で販売されています。

有機野菜というのは、とにかく薬品を使わないで栽培していくということが注目されていますが、天然で製造される農薬も意識していかなければなりません。
有機野菜の多くには、植物が従来兼ね備えている天然の化学物質となっているファイトケミカルというものが多く含まれています。
これが普通の野菜よりも体に効果的に働くと言われています。
現在科学的な根拠を探している最中ですが、生体防御を働かせる機能を持っている植物からもらえる力は、ストレスなどを解消していくことでしょう。


[Special Link]
通常の規格より厳格な規格で生産された有機野菜を購入出来るサイトです…有機野菜 購入